肌乾燥

乾燥した肌には低刺激の洗顔と回数が大切です

乾燥しないためのまたは乾燥したときの洗顔は低刺激がカギとなります。洗う前に洗顔料は低刺激の石鹸が適しています。洗い方はですが乾燥肌もどんな肌も基本の洗い方になります。軽く汚れを取るために手が顔に触れないように軽く洗い流します。そして石鹸を手にとりよく泡立てます。

その時に石鹸だとなかなかたくさんの泡が出来ないかもしれませんが顔全体にまんべんなく使えるくらいの泡が欲しいです。専用の網やまたはブラシで泡が細かくなるように大きい泡がないようきめ細かくするのが理想です。もし手で泡立てるようでも細かくなりづらいですが質のいい泡でないと肌は弱いので傷つけてしまいます。

泡立てたら洗顔をします。顔全体に泡をつけ両手の人差し指で指が顔に触れないようにして丁寧に洗います。泡だけで洗うようにするのがポイントです。

そしてすすぐのですがその時も手が触れないようにしっかり洗い流してください。私はシャワーの水圧を弱くして洗い流しています。手が触れなくていいかなって勝手な判断なので試してみてよければやってみて下さい。すすいだ後使う化粧水なども低刺激のものを使って下さい。夏でも冬でも起こる乾燥ですので丁寧にキレイな肌を保つよう頑張りましょう。