肌乾燥

肌の乾燥を意識して保湿剤が入った化粧品がたくさん出ています

メイクアップで一番重要なのが、ベースメイクと言われていますが、このベースメイクさえ上手く行けば、後のポイントメイクは薄くナチュラルに仕上げるだけで決まると言われています。しかし、肝心のお肌が乾燥していては下地やファンデーションのノリが悪くなってしまいますので、肌が乾燥している方には乾燥肌用のベースメイクテクニックが必要と言えるでしょう。

まず、お肌のどの部分が一番乾燥しているのかをきちんと見極める必要があると言われていますが、一般的に良く動く筋肉の周りが特に乾燥しやすい箇所になります。

例えば、目の周りや口の周りはしっかりと保湿を行うのが基本となりますが、ベースメイクを行う直前のひと手間でファンデーションのノリは随分変わります。

簡単にできるものとしては、直前のローションパックですが、テッシュペーパーやコットンに保湿力の高い化粧水や美容液を染み込ませて口の周りや目の周りに張り付けます。そして、5分程度置くだけで乾燥している箇所がふっくらと潤いますので、そのしっとり感が残っている間にファンデーションベースやリキッドファンデーションを指先で叩き込んでいきます。

乾燥しているお肌の場合、リキッドファンデーションが固形ファンデーションよりも馴染み易いので、スポンジを使わず指の体温で馴染ませる感覚で叩き込むのがポイントです。

仕上げにもコツがあります。パウダーをパフて押さえるよりもフェイスブラシにパウダーをつけて顔をさっと撫でるように乗せていくと、粉っぽくならずに自然に仕上がります。(ミネラルファンデーションでも可)

このように、乾燥しているお肌に向いているメイクテクニックを駆使して、しっとりとしたみずみずしいお肌を演出してみましょう。