肌乾燥

肌の乾燥は外側からだけでなく体の内側からの影響が大きい

冬はお肌が乾燥しピリピリしたり、見た目もカサカサになってしまうことがあると思いますが基本的な原因としては冬は夏場に比べて皮脂の分泌量が減るため乾燥しがちになってしまうのです。

対策としてはいつものお肌のお手入れのときに美容液やクリーム等油分が多く含まれたものをプラスすると補うことができます。

そして、乾燥は外側からだけではなく体の内側にも大きく関わりがあります。夏に比べて汗をかかないため水分補給の量や回数が減ってしまい、内側から潤い不足になってしまうのです。冬場もこまめに水分補給を行い、できれば常温の水や白湯を飲むと体も冷えずに良いでしょう。

また、紫外線もお肌の乾燥に大きく関わりがあります。冬は夏のように日差しが強くないため日焼け止めをお休みしてしまう人もいますが、紫外線は冬にもたくさんお肌にダメージを与えていて、水分の蒸発を促す作用があるのです。

そうならないためにも、季節問わずに日焼け止めをこまめに塗るようにして紫外線からお肌を守る必要があるのです。

さらにクレンジングもお肌の乾燥を進行させてしまうことがあります。オイルクレンジングはメイクをよく落としてくれますがその分、顔の必要な油分も一緒に落としてしまうことがあるため冬場は保湿効果の高いミルククレンジングに変えると潤いを逃がさずにすみます。

乾燥しないためにはスキンケア用品を保湿重視にしたり、いつものケアにプラスしていくことも大切です。