肌乾燥

かかとも皮膚なので新陳代謝の異常で乾燥してしまう

人間の皮膚は角質で覆われています。その為、乾燥した場所で生活をしていても、水分を体内に保持出来ます。

角質も適度な水分を保っているので、皮膚の表面を柔らかく保つことが出来ます。しかし、皮膚の新陳代謝に異常が発生しますと次の症状が起こります。

皮膚の水分量が少なくなり水分が不足してきますので、足の裏全体が乾燥してきます。足のかかとの乾燥は、秋から冬にかけて起こることが多かったのですが最近では、年がら年中、かかとが乾燥している人も増えています。

これは、エアコンやカーペットなどの使用。または、長時間の靴下や靴の着用が原因で、年がら年中起こるようになりました。

かかとがカサカサすると、白い粉がふいたり、かかとが固くなります。角質が固くなるとヒビが割れて、痛くなり出血が伴います。足の裏全体がひび割れると亀の甲羅のようになります。

冷え性の方やリンパ腺の流れがスムーズでない方は、新陳代謝が低下しているので角質が剥がれにくくなり、厚くなるのでかかとが乾燥して角質が分厚くなり、カサカサとします。

このような症状を治すには、普段お使いになられている(ハンドクリーム)を塗ると良いです。かかとの皮膚が厚くなりすぎの場合は、皮膚科に行き、(尿素)や(サリチル酸)が配合されてる薬を処方してもらいましょう。