肌乾燥

肌が乾燥しないように日頃から保湿を心掛ける

冬は乾燥しやすくお肌の乾燥に悩む方も多いことでしょう。そこで乾燥しないように保湿をすることをお勧めします。

まずは化粧品選びから慎重になりましょう。オールシーズン使えるものもありますが、冬は特に乾燥がひどくなる方は、冬の間は保湿力の高いものを選ぶと良いです。

特に集中ケアパックや集中美容液などは、2~3日おきにケアすることも日常のお手入れで乾燥は防げます。

なかには、「お肌が荒れた時だけつける」と言う方もいらっしゃいますが、これは実はあまりお勧めしません。

お肌が荒れてしまった後では、その後の保湿はしないよりは良いですが、すでにお肌に負担がかかっているので、老化を早く進行させてしまい、他のお肌トラブルの原因にもなり得るからです。

ですから、常にお肌の保湿を潤った状態でキープしておくことが、お肌トラブルも回避できるのです。

また、つけるタイミングも重要です。洗顔後、“すぐ”が基本です。時間が経ってからだと、それこそ乾燥を進行させてしまいます。

さらに付け加えるとつけ方も大切です。時間が無いから、と「パシャパシャつけて終わり!」ではしっかり浸透されません。

化粧水や乳液は、手のひらの温もりでお肌を温め閉じ込めるつもりでゆっくりピタッと覆うように付けます。保湿力はつけ方ひとつで全然違ってきますので、保湿力を上げるように意識して付けましょう。