肌乾燥

肌を乾燥や紫外線から守ってくれる皮脂は大切

肌にはある程度の油分が必要で、洗顔のし過ぎや、ゴシゴシと強く乱暴な洗顔は肌に必要な油分までも取り去ってしまう事になります。皮脂による顔のテカりや、毛穴の黒ずみ、ニキビを気にするあまりついついやり過ぎな洗顔をしていませんか。

気にする人程やり過ぎ洗顔をしてしまっていて、お肌はカサカサに乾燥し、様々な肌トラブルを引き起こしてしまい余計に状態を悪くしているようです。

肌が乾燥状態だとシミやシワができやすくなってしまいます。乾いたタオルを畳んで置いておくと跡が残りますが肌にも同じ事が言えます。肌が乾燥しているとカサカサのタオルのような状態なので、跡が付きやすくなってしまいます。

一方、きちんと保湿され、油分も適度にある肌ならばシワにはなりにくく、水に浸したタオルの様にシワにならないのです。とにかく、柔らかく潤って水分のある肌を保つためにはある程度の皮脂(油分)も必要なんですね。

カサカサのままでは、肌トラブルは解決しません。まず、やり過ぎな洗顔などで皮脂の取りすぎに注意し、油分が肌を保護する役目があることを覚えておきましょう。

皮脂(油分)を上手にコントロールしてしまえば皮脂の出過ぎで顔がテカる事も押さえられますし、肌への負担やトラブルもきっと解消できますよ。